撮影したあとで

友だち追加

作品撮りと言えるのか否か

「作品撮りしてます!」

と言えるのはどこからなのか?

ただただ目の前にある髪を自分の思う『良いスタイル』に作って
写真に撮る事で客観的に見れる様にしたくて


とにかく久しぶりにちゃんとモデルをお願いして事前にイメージ膨らませて髪を作って撮るという事をしました。

毎日作品撮りして試行錯誤しながら高めてる人からするとまだまだまだまだ遠く及ばない圧倒的経験の差が当然あって

この仕事は上を見ても下を見てもキリが無いので自分が今どの位置にいるとか分からないし、知りようも無いし、とにかくやるだけ上に進む事は出来るのかな?とか思っているのですが

時間というものは年齢と共にどんどん少なくなっていて
自分自身、毎日作品撮りしようとなると犠牲にしなければならないものが沢山あるので現時点では実現はなかなか難しい

難しい現状を作ったのは他でもない自分なので良いタイミングを逃してしまった自分を責めたいですが後悔しても時間は戻って来ませんので出来る範囲を少しずつ確実に増やしていくのが今できる事で

そうなると当たり前の事なんですが1回が今まで以上にものすごく貴重になり

今回撮ると決めてから、モデルお願いしてモデル頼んだ方や家族のスケジュール確認して奥さんにも手伝ってもらって当日スムーズに出来るように前準備したり…(慣れるともっとスムーズになる部分もあるのでしょうが)

当日その時その時間の為に
関わる人それぞれの大事な時間を使って撮影させてもらうとなると

「その1回の時間を大切に使わなくてはいけない無駄にしたくない」

「前回から時間経ってる分
今回に至るまでに培っているであろうモノを頭で整理してちゃんと形にしなければならない」



当日は、モデルさん・奥さんが頑張ってくれて、家族の理解と協力でスムーズに時間を使えて
友人のアドバイスもあり
足りなかったアイテムを貸してくれた人もいてなんとか今出来る自分のスタイルが撮れたと思います

撮ったその後から反省点を見つけて次の課題になるから

「もうこれが最高!」

「これ以上のものは作れない!」

なんて言う日が来るのは来世になっても来ないだろうけど

『やってみたいなー』

『できたらいいなー』

の前になんとか出来る時間作って少しでもやったほうが前には進めると思うので自分の周りにかかる負担を極力少なく出来るようなパワーとスピードを身につけなくちゃあいけない

とにかくやるだけはやっときたい

なんだか途中から段々何書きたいのかわからなくなってきたけど
そのまま載せます

時間は大事

当たり前ですねwww
当たり前のことを擲り書きしましたwww

今年ももうすぐ残り後10ヶ月。

来年後悔しないように頑張ります


しかしスタープラチナになりたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

1 個のコメント