「全て」を敢えて差し出した者が最後には真の「全て」を得る

友だち追加

「好きなマンガはありますか?」

こう聞かれたら僕の中で答えは決まってます。


「JOJO’S BIZARRE ADVENTURE」

おっと、つい英語表記で書いてしまった…


「ジョジョの奇妙な冒険」

これです!

「ジョジョ知ってるけど…絵が苦手…」

と言う人も割と多いので
特に人に勧める事はしませんが


(普段は買わないけれどジョジョ特集だったので迷わず買った美術手帖)

好きな扉絵も掲載されてるので
いつでも見れる様に手元に置いてあります。

1部から現在連載中の8部まで25年を過ぎてもまだまだ続くこの漫画のストーリーの面白さは言わずもがな、それぞれの部のテーマや連載される時代に合わせて微妙に変わるこの独特なタッチの絵が好きなんです。


7部の[リンゴォ・ロードアゲイン]と[ジャイロ・ツェペリ]の一戦も好きなシーン

なんで急にこんなことを書くのか

それはこんなブログを読んだから


結果だけを求めてはいけない

http://manaberyoutarou-seibulions.tokyo/3589/

こんなジョジョ名言出されたら
他の名言・名シーンがフラッシュバックして読みたくなるのが世の常

僕の好きな名言は



『「全て」を敢えて差し出した者が最後には真の「全て」を得る』

(ジョジョの奇妙な冒険 第7部 12巻より)

この、深い言葉なのは分かるけど
自分に置き換えて考えるとフワフワした答えしか出てこなさそうなこの台詞。

でもこれが良いんです

他人とコミュニケーションをとる場合も、ただただ相手の事を一方的に聞くよりも自分の中身をさらけ出してしまった方がより良い関係を築く事が出来る場合だってあるだろうし

何かに行き詰まりを感じた時に敢えて主題としている事柄を手放してしまった方がフラットな視点で物事を見直す事も出来るだろうし

色んな場面でこのセリフを頭の中に置きながら考える事があります

そんな名言・名セリフ。
何か頭に浮かぶ言葉はありますか?

もしまだ無かったら
[ジョジョの奇妙な冒険]
ぜひ読んでみてください
何か見つかるかもしれません


死ぬ前にこのセリフ言ってから果てたい

では!

☞to be continued

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket