Ciel〜アオノハ〜青森からの手紙〜

ヒロユキです

デジタルネイティブ否、デジタルノンネイティブ。
瞬く間にデジタル老害になりそうな今日このごろ

遠く青森から早生まれの僕に天国へのお迎えがやって来ました。




アオノハの成田さんから頂きました。

しぇる?
しえる?
しぇーる?

L’Arc〜en〜Ciel世代の僕としては先入観で勝手にシエルと読んでしまうのですが、もし間違ってでもしたら失礼にあたると思い



weblioではシエル。やはりシエルと翻訳。



セカンドオピニオンのLINE英和通訳には既読スルーされました。

天国



Google検索で出てきた天国

青森、アオノハの天国

中を読ませて頂くと
「◯◯◯」で「×××」な「△△△」スタイルと

(ほら…僕の薄い批評なんてしちゃうの勿体ないと言うか実際手に取ってページめくった方が絶対良いので伏字にしました)

成田さんの想い、青森への想い、そこで店を構える意味。
成田さんの伝えたい事がズドンと詰まっていました。

それに、やっぱり紙で見るのは良いですよね。
スマホ画面をスワイプしたりピンチアップして読むのも便利で良いんですが、
パラパラとページをめくってから戻ったり
本を持ってる手を近づけたり本を傾けたり
目でスマホ画面の中を注視するのと
本自体を手に持って読むのとはなんか違う感覚と言うか…(スマホ画面の光に目線が誘導されてスマホだけに目線が集中するからかな???)

まぁ…脱線したので話を戻しますが

ほんと勝手になのですが、成田さんのスタイルのジャンルや世界観がとても好きで、僕の得意なジャンルと少し近い位置にあると一方的に思っていて、成田さんのインスタグラムもそんな気持ちを一方的に向けながら、いいねしてる次第でして…
こんな事を書くと上から目線に見えてしまうので書きにくい文章なのですが、本見たら書きたくなってしまいました。

…と、ここまで書いていてアレですが、
成田さんには本当申し訳ない事をしたのです



Cielと一緒に同封して下さっていた手紙に気付かず破いてしまうという………

(読めるレベルで気付けて助かった…w)

すいません。そしてとても素敵な一冊
ありがとうございました!

で、やっぱり自分も紙で何かを残したいなぁ

自分の写真をまとめた一冊。
今年は作ろうと思います!

ヒロユキ
僕の問題はスタイル写真よりおふざけの写真の方が多いという現実!

☞to be continued

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket