【ブログの見本】

『SNS』の時代・・・

今やSNSの発信を見ない日はありません

「テレビは見なくてもネットは見る」

こんな人も多いと思います

しかし、すごいと思いませんか?

毎日、ブログをアップしている人もいるんです
そんなドラマチックな毎日を送っているのか?
そうではありません

ただ普通のことをそれっぽく書いているだけです

「友達と飲みに行きました」

「撮影しました」

「セミナーに行きました」

この数文字で終わるものを長々と文章にしているだけです

それっぽく見せるためにそれっぽい文章とそれっぽい写真をつけて・・・
本日は何気ないものをそれっぽくするという見本を見せていくことにしましょう

ブログの見本。


人が生きる為には食べなければなりません

いきなり壮大なテーマです。
そして効率よく食べ物を生きるエネルギーに変換する為には丈夫な歯でなければなりません。



歯磨き粉が無くなりました。

いや、正確には3日前には無くなっていました。

懸命にチューブを絞り、もう限界に近づいた歯磨き粉とストックを倉庫に取りに行くべき自分を騙し騙しここまできました



深淵を覗くようにチューブの奥を覗いても
歯磨き粉は覗いてくれる事はありません

歯ブラシを右手に

歯磨き粉のチューブを左手に

歯磨き粉のチューブを歯ブラシに近づけ、チューブを絞れば歯磨き粉が出る

僕達はこうやって、ずっと昔からPPAPを口ずさむ事なんてないままアッポーペンを体現してきた。

アッポーペンは僕たち人間の姿そのものなんだ

や、そんな事はどうだっていい

今はこの食後5分を過ぎてしまった歯の再石灰化をフッ素で促したくて仕方がない

このタイプのチューブは本体を20回振ってからチューブを絞ると遠心力によって集まった残りの歯磨き粉が出てくるという生活の知恵袋の技はもう2回も使ってしまった。


(もう、やめてください…僕はもう限界です…限界なんです…もう、ゆっくりと眠りにつかせてください…。)

悲痛な叫びが聞こえてくる

ずっと僕は現実から目を背けてきた

この夜の寒空の下、廊下の先にある倉庫の中から歯磨き粉のストックを探し当てる事に目を伏せてきたんだ

そろそろ現実を見て生きていかなければならない

立ち上がるんだ

父さんがくれた熱い思い

母さんがくれたあの眼差し

地球は回る

資源は大事

廊下の先、あのどれか1つに君がいるから…

☞to be continued

この記事を書いた人

ヒロユキ
この投稿者の最近の記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

1 個のコメント