生きてく強さ

昨日のブログでも少し触れたように

GLAYもよく聴いています。

なんなら歌っています。




Twitterでも歌っています

もしかするとiTunesで
【HB EGOISM 】と検索すると出てくるバンドのFeel Itよりもリピートしているかも知れません。
こんなに毎日GLAYに浸ってるから…

追い討ちかける様に眞鍋りんたろう君

GLAYの楽曲で打線組んだりするから…

僕の青春・・・

http://www.assure-hair-resort.jp/?p=11769

木戸さんがGLAYをブログ記事にするから…
僕の思考はまた学生時代に戻ります。

高校時代のヒロユキです。

ブレザーが指定の制服でした

未だにネクタイ結べません

有事の際は前日に結んで一番出来の良かった形を緩めて当日に被るパターンです👍


シャツを着ては襟という襟を出していました…

ソースはTERUです⬇︎(0:13あたり参照)

これがカッコ良い時代だった僕の青春。


髪の毛は資生堂AlephのジェルでJIROに憧れてツンツン

CDウォークマンにヘッドフォーンを付けるシャーマンキングの麻倉葉を意識したスタイルで歌いながら自転車通学していました

カラオケではTERUの真似をしてマイクを持ちながら腕をバンバン広げてグロリアス

間奏では片足をトントンしながらリズムを刻んでいました

ジュースを持ってくる店員のお姉さんに見られるまでは僕はいつだってTERUになれました。

親戚の結婚式の披露宴
お色直しの間のカラオケで
司会の男性にコミュ障発揮して
自分が歌うHOWEVERのキーを
2つ下げてもらうのを言えずに金切声でサビを歌ってドン引きさせた黒歴史も今となっては良い思い出です。

あれから大人になりました。

コミュ障は未だに健在ですが


出してた襟は正しい位置に


ボタンもしっかり留め

留め…


留まらないくらい大きく育ちました。

もう戻ってこない青春…

生きてく強さを僕にください。

この記事を書いた人

ヒロユキ
この投稿者の最近の記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket