(もうそろそろ限界かも)

もう何度目なのだろうこんな気持ちになるのは

いつかは君とも終わりが来るのだろうか…

とにかく最初に出会った時の衝撃は凄かった。


新緑の季節、若葉の濃い緑に包まれているような感覚に陥った

自分自身の若さへの欲求なのか

青くさい青春を取り戻したかっただけなのか

今はもう思い出すことは出来ない

ただ、今は綺麗に澄んだ景色が見たくて同じ行為を繰り返している

君のことを深く知ろうとしなかったのは僕の責任

汚したのは僕。

時間が解決してくれるわけでもない

少しずつ自分で薄めていくしか道は無いのだ。

1度目はまだ底が見えなかった

2度目はもう無いと思っていた

3度目はまだ君の面影を見つめている

君の全部を僕は受け止めたいのに

(もうそろそろ限界かも…)

何度も何度も水と一緒に言葉を飲み込んでいる。



ケールなの?大麦若葉なの?
君の本当の名前はどっち?

明日は何杯目で全て飲み干せるのだろうか。

☞to be continued

ヒロユキ
マジ水に全然溶けない。

この記事を書いた人

ヒロユキ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket